FC2ブログ

ランチバイキング.a.go.go

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「マレーシア大使館ランチセミナー」のランチバイキング

※バイキング料金不明のため採点なし
IMG_20171019_140026.jpg
「マレーシア大使館ランチセミナー」のランチバイキングです。今回は特別レポ。日本にあって日本ではない、大使館内で行われたセミナーでランチバイキングをいただいてまいりました。次回開催予定はまったくわかりませんのであしからず。
(マレーシアじゃなくてマレイシアって書いてあるな。ニュージーランドがニュウジイランドだったらどこの国だかわからなくなるな・・・)


【料金】
セミナー料金:9,820円
※ランチ込みの料金のため、バイキング代は不明。

IMG_20170823_113832.jpg
今回参加したセミナーがこちら。よみうりカルチャーの折り込みチラシで偶然見つけました(注:見つけたのは「ビュッフェランチ」という文字です)。マレーシアについていろいろ学んだあとランチバイキングをいただくという構成(大雑把でスミマセン)です。キャンセル待ちが出るほどとのことで当日は満席。平日ということもありますが、参加されていたのはリタイア後にマレーシアでのセカンドライフを考えているであろうシニア層がほとんどで、バイキング目当てのシニア層は私たち夫婦だけでした(あくまで推測です)。
セミナーで印象的だったのは、「マレーシア人は日本に憧れ日本のことをよく知っているのに、日本人はマレーシアのことをほとんど知らない」という話。確かにマレーシアって知ってるようで知らないことが多いです。料理にしても名物は何って聞かれてすぐ出てきません。

【アクセス&ロケーション】
会場のマレーシア大使館は渋谷の道玄坂をあがった先にあります(案内してもらったからよくわからない)。入り口でボディチェックをされたのは私だけではなく参加者全員です。地下の会議室(?)が会場でした。

IMG_20171019_133935.jpg
ビュッフェボードの様子。結論から申し上げますと、品数は超少ないです。料金の半分の5,000円ぶんくらいの料理がずらりと並ぶ光景を想像していただけに余計少なく感じました。このバイキングに限らず期待値の上げ過ぎは禁物ということ。

【料理】
IMG_20171019_131230.jpg
ナシレマ(ココナッツミルクで炊いたライスに小魚、ピーナッツ、ゆで卵などを添え、サンバルソースをかけていただくマレーシアの代表的料理)、スパイシーフライドチキン、ビーフ・レンダン(香辛料とココナッツミルクで煮込んだ牛肉料理)など。
ラインナップは少数精鋭、なかなか「らしい」料理が揃っていてマレーシア気分を満喫できます。

IMG_20171019_130702.jpg
米びつの中には「なんか」が入ってました。

IMG_20171019_131148.jpg
ミーゴレンは大ぶりのエビとイカ入りで、比較的食べやすい味。
料理は以上、やっぱりもっといろいろ食べたかったというのが正直な感想ですが、まあ場所柄からして準備の都合もあるのでしょう。食器もすべてペーパー&プラスチック製の使い捨て品でしたし(食べ終わったら自分でゴミ箱に捨てます。大使館で食事したというより食フェスに行った気分)。

【デザート】
IMG_20171019_125708.jpg
クエ・ラピス(レイヤーケーキ)、パンダン・シフォンケーキ(パンダンの葉のフレーバー)、カリーパフ(カレー味のジャガイモ入り揚げ菓子・・・ってマジでお菓子?)、スリ・ムカ(ココナッツミルクともち米のお菓子)など。
料理の数からすると4品は多く感じました。他のエスニック系バイキングで食べたことのあるデザートもありましたが、初体験の方には楽しめる内容でしょう。
ちなみにホテルバイキングのようにいくらでも補充をしてくれるわけでもなさそうなので、いっぱい食べる目的の方はこのての催しへの参加は見合わせたほうが賢明かと。

【ドリンク】
IMG_20171019_125609.jpg
コーヒー、紅茶、ジュースなどをフリーで。サバ・ティーというマレーシアの紅茶が出てまして、お土産でもいただきました。ティーバッグを入れっぱなしにしても渋くならない、スッキリ飲めるおいしい紅茶です。

【開催地情報】
マレーシア大使館
住所:東京都渋谷区南平台町20-16
URL:HP
最寄駅:渋谷
スポンサーサイト

| エス)渋谷 | 10:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT