FC2ブログ

ランチバイキング.a.go.go

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「ラヴェンナ」のランチバイキング

★★★  (再訪)
IMG_20181004_112556.jpg
チサンホテル浜松町のレストラン「ラヴェンナ」のランチバイキングです。おなじみ「世界のグルメ紀行」の終盤は強国が立ちはだかる「欧州転戦」ですが、10月は美食エリアとして名高い「北欧」フェアです。圧倒的なコスパの中に月ごとのフェア料理を盛り込ませるシェフの手腕に、毎度のことながら感心させられます。


【料金】
1,200円(税込)。 ※ランチバイキングは平日のみ。

【アクセス&ロケーション】
最寄駅は浜松町、お店はホテルの1階、変更点は特にありません。

【料理】
IMG_20181004_113924.jpg
野菜サラダ、春雨サラダ、ごぼうサラダ。

IMG_20181004_113949.jpg
サワーへ-リングとビーツへ-リング、デニッシュオープンサンド盛り合わせ。
北欧料理の定番前菜といえばへ-リング(ニシン)! ということで、酢漬けとビーツ和えの二品が登場。オープンサンドは黒パンを使って「らしさ」を演出。具は一般的なものですが、四種類もあればそれだけでもう充分かと。

IMG_20181004_113846.jpg
ハンガリーの代表的なスープ、グヤーシュ。牛肉とジャガイモのトマト煮込みといったところですが、角切りビーフがゴロゴロ入っていて食べ応えがあり、スープというより立派なおかずです。ちゃんとサワークリームも用意されていて感心しきり。

IMG_20181004_113757.jpg
定番のコーンポタージュ。オニオンスープもありました。

IMG_20181004_114025.jpg
メイン系はいつもどおり魚介2種、肉2種の構成。
サーモンのポワレ白ワインソース、魚介類のパプリカ煮、チキングリル・オレンジ風味・フライオニオン添え、仔牛と豚肉のフリカデル・赤キャベツとプラム添えなど。
サーモンが品切れになった瞬間があったのですが、「ちょっと待ってくれ、取り替える前にその大皿の底に残った白ワインソースを全部俺にくれ!」と叫んでしまいました、心の中で。フリカデルは北欧ではおなじみのミートボールで、プラムがよいアクセントになってます。チキングリルは香ばしく焼かれてありましたが、ちょっと焼き鳥っぽい感じ(個人的感想)。

※今回は月前半のメニューです。後半はフリカデル以外が、白身魚のグリル、サーモンのスープ仕立て、焼きロールキャベツに変わります。

IMG_20181004_113902.jpg
ここからはいつもの展開。ペンネとリガトーニのトマトソース。

IMG_20181004_113823.jpg
クリスピーピザは具もチーズもたっぷりで毎回感動。

IMG_20181004_121217.jpg
今回は余力があったのでハヤシライスで締め。

【デザート】
IMG_20181004_120533.jpg
いつもどおりのラインナップ。ファウンテンのチョコはこの季節ならではのパンプキンでした。

【ドリンク】
コーヒー、紅茶、ウーロン茶、ジュース、青汁などをフリーで。

※来月はギリシャフェアです!

【店舗情報】
店名:ラヴェンナ
住所:東京都港区芝浦1-3-10
電話:03-3452-9222
URL: ぐるなび
定休日:無休
最寄駅:浜松町
スポンサーサイト

| ホテル)浜松町・お台場 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT