FC2ブログ

ランチバイキング.a.go.go

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「スロープサイドダイナー ザクロ」のランチバイキング

★★

IMG_20190704_135722.jpg
グランドプリンスホテル新高輪のレストラン「スロープサイドダイナー ザクロ」のランチバイキングです。昨年からちょこちょこ行ってる「リニューアルしたホテルバイキング巡り」の「最後の砦」ともいうべきこのお店。先月から始めた「都内有名ホテルバイキングの再訪」も兼ねて行ってまいりましたが、昔の「マルモラーダ」からのあまりの変容ぶりに驚かされました。


【料金】
平日:4,500円(税込)。 土日祝:5,200円(税込)。 ※サービス料別。

【アクセス&ロケーション】
最寄駅は品川、高輪台。お店はホテルの地下1階(と言っても品川から行くと坂の途中にあるのでどう見ても地上2階)、変更点は下記のとおりです。すんごい変わってます。

P1000279.jpg
昔は柘榴坂の途中の階段がこんなんだったのが…

IMG_20190704_131034.jpg
今は屋根がなくなってシンプルになっててビックリしただ。

P1000142.jpg
そんで昔の入り口はこんなんだったのが…

IMG_20190704_151503.jpg
今は北千住から来ちゃっていいんすかっていうくらいお洒落になっててビックリしただ。

P1000281.jpg
昔は席もこんなんだったのが…

IMG_20190704_132218.jpg
今はコンテンポラリージャパニーズな(意味はよくわかんないいけど)大人の雰囲気になっててビックリしただ。

品プリの「ななかまど→ICHOZAKA」のリニューアルもそうですが、以前のマルモラーダの面影は微塵もなく、これはもうまったく別のお店と言ってよいでしょう。
※正確にはマルモラーダ時代に一度リニューアルされていますが、そのときはこれほどの変化はありませんでした。比較のためあえて古いほうの写真を使ってます。

IMG_20190704_170000.jpg
平面図がこちら。
オープンキッチンが随所にあり、実演重視はやはり最近の傾向ですね。
以前は柘榴坂の途中の階段を上がるとそこがお店の入り口だったのですが、現在はそこから入るといきなり目の前がビュッフェボードです(図の「entrance」と書かれた場所が一番最初の写真)。ということはすぐお隣のカフェエリアが縮小されて、そのぶんビュッフェエリアが拡大されたようです。
※入り口はふたつありますが、ホテル入り口側(新旧比較の写真)が正式のようで、レセプションカウンターはそちらにあります。花飾りがゴージャスなウェイティングスペースも完備されています。

IMG_20190704_151241.jpg
セイボリーキッチンと呼ばれるエリアではローストビーフのカッティングサービスなどがあります。

IMG_20190704_132356.jpg
店内中央にシェフ常駐のカウンターが陣取っているせいで、ビュッフェの華ともいえるデザートコーナーは一番奥に追いやられてしまっていますが、それがもったいないと思えてしまうほどの充実ぶりです。ケーキはこんな感じでショーケースにずらりと並びます。

IMG_20190704_132415.jpg
圧巻はそのお隣にある、12種類ものジェラートバー! 東京プリンスのポルトにもありましたが、やはりこれは腹息が、いや鼻息が荒くなります。

さらにその隣にはパンコーナーがひっそりとありますのでお見逃しのないように。とにかく料理からデザートまでかなりの品数ですので、まずは店内を見学してから取り始めることをおススメします。

【料理】
ここがリニューアルオープンしたのが確か2017年4月ですから、気付けばもう2年以上が経っているわけですが、メニューをウォッチングし続けているかぎりでは、当初から大幅な変化はなく安定しているようです。マルモラーダのときは月替わりで世界各国フェア(いま定期訪問しているラヴェンナみたいな感じ)をやっていた時期もありましたが、ザクロでは特にこれといったフェアは実施していない模様。

IMG_20190704_133209.jpg
まずは充実のアペタイザーから。
ホタテ・エビとキヌアのタルタル仕立て、生ハム・マンゴーの香り、オリーブのカクテル、マスカルポーネとパンドエピス、ポークリエット、スモークサーモンのサラダ仕立て・カラマンシービネガー風味、タコのバジル風味ソース、豚タンのブラックペッパースモーク、スペイン産サラミとマルメロジャムのピンチョス、フォアグラフラン・エキゾチックソース、安納芋ポタージュなど。
どれをとってもひと手間かけた感じでおいしいです。

もちろんサラダコーナー(自家製野菜のドレッシング等)もありますが、店内を俯瞰して「危険」を察知した私たちはやむを得ずパスしました。

IMG_20190704_135507.jpg
グリーンピースポタージュは濃厚美味。

IMG_20190704_134556.jpg
ブイヤベース。

IMG_20190704_140055.jpg
お肉の煮込み系もかなりの充実度。
ビーフシチュー、仔牛のクリーム煮・エストラゴン風味、牛肉と野菜のポルシチ風など。
どれもヘビー級なので食べ過ぎ注意です。仔牛のクリーム煮はあまりお目にかかることのない、さすがはホテルバイキングといった一品。

IMG_20190704_141407.jpg
サーモンとフイユタージュのオーブン焼き・カレークリームソース、海老とレンズ豆のペンネグラタン、マトウダイのアクアパッツァ・オリーヴオイルの香り、チキンの唐揚げ・スイートチリソース、ムール貝の白ワイン蒸し、ソフトシェルシュリンプの網焼きなど。
実演の網焼きのエビは頭から丸ごといけます。他にホタテや厚切りベーコンもありました。

IMG_20190704_134542.jpg
イベリコ豚、牛肉、彩り野菜の鉄板焼き。
鉄板焼きは実演ですが、網焼き同様すぐに提供できるようある程度作り置きされています。そんなわけでタイミングによっては冷めてちょっと硬いと感じる牛肉をいただくことになりますが、まあこれはビュッフェの性とでも申しましょうか。そういう意味ではイベリコ豚のほうがおいしいかも。

IMG_20190704_134511.jpg
ローストビーフ。シグネチャー、つまり看板メニューとのことで、他のグルメサイトでも高評価でしたが、期待値を上げ過ぎてしまったせいか、感想としては「至って普通」。デフォルトの一人前も気前よくこの量で、しかもけっこう厚切りです。いろいろ食べたいひとは少なめにしてもらったほうがよろしいかと。マスタード類がとても充実していました。

IMG_20190704_142247.jpg
すき焼き。大鍋で作られていて、スタッフが好みの具材や量で盛り付けてくれます。

IMG_20190704_134616.jpg
さて、ここからは炭水化物ラッシュです。まずは握り寿司。もちろん実演で握ってもらえます。まぐろ、イカ、キス昆布〆をいただきました。ビュッフェのお寿司は超定番ネタしかないことがほとんどですが、キス昆布〆があるのは粋な感じ。他にはサーモン、エビもあり、さらにちらし寿司と巻き寿司もありました。

IMG_20190704_141334.jpg
パスタは浅蜊と牛蒡のトマト風味パスタ(写真)、緑野菜のパスタ・アンチョビ風味の2種。

IMG_20190704_142259.jpg
十六穀米パルミジャーノリゾット。このあといつもの締めが控えているので味見程度にしておきました。

IMG_20190704_142109.jpg
カレーは3種。海老とカリフラワー入り赤カレー(辛口)と牛肉とクコの実入り黒カレー(甘口)をいただきました。もうひとつはパイナップルチキンカレー(これもたぶん甘口)で、ライスの他にナンも用意されています。

他にいただいたのは、揚げ出し豆腐、イカフライ、ミックスビーンズと春雨のピリ辛風、野菜のフリットミスト、ドフィノアポテトなど。
未食はわさび風味長茄子、はすの芽梅酢、フライドポテト、赤米うどん、味噌汁、チーズ(チェダー、マーブル)&ドライフルーツ、ピッコロカルツォーネ、キャロットラペなど。このあとのデザートを考慮すると、全種制覇はかなりの難関かと。

【デザート】
IMG_20190704_143655.jpg
ショートケーキ、紅茶とイチジクケーキ、フルーツパウンド、ガトー、ザクロムース、パッションムース、シュークリームなど。
華々しさはありませんが、どれも丁寧に作られている印象。ムースは容器入りではないのでやや硬めの仕上がりです。

IMG_20190704_144316.jpg
スフレチーズケーキ、オペラ、ピスタチオショコラ、杏仁豆腐、ラズベリーゼリーなど。
マンゴープリン、白桃コンポート、青いゼリー(?)もありましたが未食です。

IMG_20190704_150313.jpg
ショーケース以外のところにも焼き菓子があったりしてもうたいへん。マドレーヌ、オレンジケーキ、ココアアーモンドなど。

IMG_20190704_140255.jpg
ハーフサイズにカットされたクイニーアマンは、この断面を見てしまったらデザートとして食べないわけにはまいりません。でも残念ながら食感は「梅雨仕様」でした。パンは他にバケット、クロワッサン、チョコデニッシュなどがありました。

IMG_20190704_145355.jpg
ジェラートはアサイーカシス、ラズベリー、ココナッツバニラをまずいただき、勢い余ってパッションマンゴーをリピートしました。
他にはバニラ、抹茶、チョコ、キウイ、レモン、フレーズ、カプチーノ、レモン、マンゴーなどがあります。

IMG_20190704_144708.jpg
フルーツ各種。

【ドリンク】
コーヒー、紅茶、ハーブティーなどをフリーで。
なぜかアイスドリンクはまったくありませんが(有料ということ)、ティーバッグは充実してます。

【店舗情報】
店名:スロープサイドダイナー ザクロ
住所:東京都港区高輪3-13-1 レストラン棟 B1F
電話:03-3447-1139
URL: HP ぐるなび
定休日:無休
最寄駅:品川、高輪台
スポンサーサイト



| ホテル)品川・五反田・目黒 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT