FC2ブログ

ランチバイキング.a.go.go

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「クレイジー ピンチョス」のランチバイキング

★★
IMG_20191017_113945.jpg
銀座にあるレストラン「クレイジーピンチョス」のランチバイキングです。銀座を歩いていたらたまたま発見した、開店ホヤホヤのこのお店。大人のための上質空間でいただくビュッフェは、強気の値段設定に相応しい上質なラインナップです。


【料金】
2,980円(税抜)。 ※90分制。

IMG_20191017_114220.jpg
料金&メニュー表。
ジュニア料金とお子様料金も設定されているのが親切です。

IMG_20191017_114233.jpg
ピンチョス盛り合わせ+サラダ&デザートビュッフェ+選択式メイン+ドリンクバーという構成。
メインはブロシェットとパスタから選ぶことができて、さらにそれぞれに選択肢があります。店名がそのものずばりのピンチョスですが、料理ジャンルとしてはスパニッシュ&イタリアンといったところ。
伺ったのは平日です。土日祝もビュッフェは実施しているようですが、料金はわかりませんので、あしからず。

しかし平日ランチで約3,000円となると、ホテルビュッフェも選択肢に入る価格帯なので、かなり強気といえます。銀座といえども価格破壊が進み、今では千円台のビュッフェも珍しくない時代です。リーズナブルなランチで知名度を上げてディナータイムへの来店につなげるというのもひとつの方法ですが、こちらは「安いから来る客」より「高くても来る客」に重きを置いているようです。
あ、私? そりゃ確かに今回は後者ではありますが、ディナーには行きませんよ、バイキングやってませんので。

【アクセス&ロケーション】
最寄駅は銀座一丁目、銀座。両駅の中間ぐらいの位置ですが、一丁目の方がちょっとだけ近いです。有楽町からも徒歩圏です。お店はビルの地下1階ですが、外部の専用階段があります。

IMG_20191017_125208.jpg
昼時に歩いていたらこの看板が目に入りました(このときはひとりだったので単独レポです)。
「ピンチョス専門店? いつできたんだろ? ピンチョス食べ放題やってたりして」
などと思いながら立ち止まって振り返ると、なんとそこにはランチビュッフェの看板が出ているではありませんか!
ピンチョスは盛り合わせの提供で食べ放題ではありませんでしたし、事前情報なしで入るには勇気のいる料金でしたが、これも何かのご縁ということで「突入」してみることに。

IMG_20191017_125143.jpg
こちらのお店は「ライブ・ミュージック・レストラン」とのことで、ディナータイムにはライブが行われており、階段の途中にはそのスケジュールの看板がありました。その横には開店祝いの花も出ていまして、スタッフの方に伺ったところ10月15日にオープンしたばかりとのことでした。
ちなみにこのてのお店って、クールな黒服スタッフに取り囲まれておかわりするのもためらいつつ食事をするイメージですが(どんなイメージじゃ)、こちらのスタッフの方は皆さまほどよいフレンドリーさで気持ち良く過ごすことができました。

IMG_20191017_124648.jpg
12時前だったこともあり、予約なしでもすんなり入店できました。
店内は照明控えめで銀座らしい大人の空間です。奥にライブステージがあり、その前がビュッフェカウンターになっています。

IMG_20191017_122006.jpg
右手にはバーカウンターがあり、デザートとドリンクはこちらに用意されています。

【料理】
IMG_20191017_115016.jpg
まずはサラダバーから。標準アイテムに加えて、ビーツ、フライドビーンズ、スチームチキンなどもあります。圧巻は12種類にも及ぶトッピングで、こちらもフライドオニオンなどの定番に加えてナッツ類やキヌアなどのスーパーフードも用意されています。ドレッシングは4種類ありますが、自家製ニンジンドレッシングがおススメ。

IMG_20191017_115035.jpg
お皿手前はミックスシーフードマリネで、大ぶりのエビが使われています。他はタコやイカ、ムール貝など。

IMG_20191017_115444.jpg
サラダを堪能しているところへ日替わりピンチョス盛り合わせが登場! これは楽しい!!
バイキンガーの悲しい性で、見た瞬間「これがおかわりできたら」などと思ってしまいましたが、それはさすがに贅沢というもの。非食べ放題ならではクオリティーですので。

IMG_20191017_115453.jpg
お魚のクロスティーニ風。
※スタッフの方がひとつずつ丁寧に説明してくださいましたが、うろ覚えなので適当といいますか、わかりやすく書きます。

IMG_20191017_115506.jpg
鶏肉のトルティーヤ。
中にいろいろ入ってましたが、よく観察しておけばよかったと後悔したのは口に入れてからでした。

IMG_20191017_115516.jpg
生ハムメロンならぬ生ハム柿。

IMG_20191017_115525.jpg
エビとズッキーニのフリット。これはなかなかの食べ応え。

IMG_20191017_115534.jpg
カボチャのクーリ。
クーリは裏漉ししたソースのことで、カボチャのソース(下のグラス)にカボチャをつけていただくという、この季節ならでは組み合わせ。

IMG_20191017_120651.jpg
温菜も一応用意されています。
ベーコンとキノコのグラタン、ミートボールとズッキーニのトマトソース煮、ソーセージ(2種)とシュークルート、フライドポテトなど。

IMG_20191017_121017.jpg
メインはブロシェット、日替わりのビーフをお願いしました。クスクスとフライドポテトも付いてます。

IMG_20191017_121033.jpg
お肉は柔らかジューシー、やはりビュッフェアイテムとは次元が違います。素材本来の味を堪能できて大満足。

パスタはメニューにはトマト、オイル、クリームとソースの種類しか書いてないので、こちらも気になるところ(ブロシェット即決で聞くのを忘れた)。

【デザート】
IMG_20191017_122214.jpg
まずはグラス系を3種。
マチェドニア、ティラミス、ラズベリームース。マチェドニアはすべてフレッシュフルーツ使用で好印象。ティラミスはスポンジ少なめ、ほぼムースといった構成でおいしいです。好物のラズベリームースは果肉入りで言うことなし。

IMG_20191017_122535.jpg
ケーキ系はカットケーキ2種(写真の他に抹茶)、ミニロールケーキは3種(写真の他にストロベリー)で、これはまあ普通といいますか、お値段からしたらもうちょっとがんばってほしいところですが、それを吹き飛ばすくらいの存在感を放っていたのが後方に控える「ババ」。ラム酒をたっぷり浸み込ませた、お店のイメージにピッタリの大人のスイーツです。

【ドリンク】
コーヒー、紅茶、ハーブティー、ジュース、デトックスウォーターなどをフリーで。
フルーツフレーバーのアイスジャスミンティーおいしいです。

【店舗情報】
店名:クレイジーピンチョス
住所:東京都中央区銀座3-3-1 ZOE銀座 B1F
電話:050-3503-5524
URL:HP
定休日:不定休
最寄駅:銀座一丁目、銀座、有楽町
スポンサーサイト



| 洋)銀座・新橋・汐留 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT