FC2ブログ

ランチバイキング.a.go.go

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「武藏」のランチバイキング

★★ (再訪)
IMG_20191031_132113.jpg
浅草ビューホテルのレストラン「武藏」のランチバイキングです。有名ホテルバイキング再訪企画、今回は圧倒的な品数と景観を誇るこちらのお店。よほどの早食いかつ大食いでもない限り全種制覇は至難の業ですが、制限時間を有効活用するための攻略法とともにお伝え致します。


【料金】
平日:3,600円、土日祝:4,200円(各税抜)。 ※90分制。

IMG_20191031_151810.jpg
ホテル入り口横にある看板の料金表。
土日祝はちょっと高いですが、3部になると平日料金になるようです。
それにしても3部までやってるなんて、さすが観光地のホテルって感じ。

IMG_20191031_151800.jpg
消費増税のことかと思ったら、よく見れば9月の料金改定。10月にやると「便乗値上げ」って言われちゃうんでギリギリのタイミングということかもしれませんが、あんまり変わらないような。

【アクセス&ロケーション】
最寄駅はTX浅草、お店はホテルの26階、変更点は特にありません。浅草や田原町からも徒歩圏です。

IMG_20191031_131044.jpg
ホテルのほぼ真下がTX浅草駅という好立地。

IMG_20191031_131348.jpg
ホテルに到着~。
ここは天気のよい日に行きましょう、まあ予約となると運頼りになりますが。

IMG_20191031_151750.jpg
前出の料金表付き看板の全景。

IMG_20191031_151519.jpg
このホテルは確か一昨年くらいに1階を全面改装しているのですが、昔のレトロな雰囲気からモダンでお洒落な感じに生まれ変わりました。ここがあのビューホテルですかい? っていうくらいの激変ぶり。

IMG_20191031_151450.jpg
フロントとカピタン(レストラン)があったところはベーカリーショップとグリルダイニング「薪火」になりました。カピタンは武藏ができる前にビュッフェをやっていたレストランで、ちょくちょく行ってました。

IMG_20191031_131722.jpg
リニューアルといっても和の雰囲気は残されていて、奥へ移設されたフロントの前には浅草らしく神輿がディスプレイされています。外国のお客様には受けるだろうな…などと思っていたら、エレベーターホールに「外国人軍団」が出現! 先頭に小旗を持った案内役の女性がいるので、こりゃ間違いなく行先は一緒です。やはり観光地のホテルということで、団体さんとのバッティングは覚悟するしかありません。

IMG_20191031_151300.jpg
店頭の案内ボード。

IMG_20191031_150101.jpg
お店の入り口には店内MAPがありますが、公式HPにも同じものが掲載されていますので、事前に頭に叩き込んでおくのが攻略の第一歩です。

IMG_20191031_133356.jpg
ランチョンマットには窓から何が見えるかがイラストで描いてあって、これは親切。

IMG_20191031_133156.jpg
当日は運よく窓際から二列目の席に案内していただけたので、この店自慢の眺望も存分に楽しめました。浅草寺やスカイツリーがよく見えます。

【料理】
さて、この店は和洋中150種類もの料理が揃いますが、一番人気はなんといっても富士の溶岩石を使った「武藏窯」で調理されるグリル料理です。当然、開始直後から大行列ができますので、先頭集団にすべりこめた場合を除き、他の料理から攻めるのが攻略のカギとなります。

IMG_20191031_133442.jpg
ということで、私達はいつもどおり前菜&サラダ系+洋食メニューからスタートしました。はい、攻略法とか言って、特になにもしてません。
サーモンマリネサラダ、チキンとザーサイのサラダ、バーニャカウダ、カニクリームコロッケ、ラザニア、サツマイモのペンネグラタン、トリュフ風味ポテトチップス、チリコンカンなど。洋風前菜はかなり少ないです。高そうなポテチはおいしかったですが、食べ過ぎては危険と一枚にしておきました。

IMG_20191031_133502.jpg
名称は忘れましたが、見たことも聞いたこともない野菜がありました。

IMG_20191031_133625.jpg
蛇姫様はハンバーグも。

IMG_20191031_133455.jpg
コーンスープ。

IMG_20191031_141916.jpg
洋食系を食べ終わってもグリルの前は行列でしたので、そんなときは和食をいただくのが攻略のカギです。はい、店員さんが「こっちが空いてますよ~」と案内してたんで従っただけです。
タコつくね汁。お魚ではなくタコのつくねとは珍しい。

IMG_20191031_141904.jpg
精進揚げは揚げたてサクサクのをいただけます。
ネタはレンコン、椎茸、ナス、カボチャ、サツマイモなど。

IMG_20191031_143848.jpg
厚焼き玉子といなり寿司。

IMG_20191031_135110.jpg
和食系を食べ終わってもグリルの前は行列でしたので、そんなときは中華をいただくのが攻略のカギです。はい、結局は空くまで待つだけ。
イカチリ、麻婆茄子、餃子、焼売、春巻、青菜炒めなど。エビチリじゃないのかい、イカチリかい、と思ったらこれがおいしい。

IMG_20191031_140341.jpg
グリルコーナーもようやく落ち着いてきたので、さっそく取りに行きました。窯焼きグリル料理がカウンターにずらりと並ぶのですが、その前にソースやコンディメントがいろいろ置いてあるので、どれとどれを組み合わせるか、素早い判断が求められます。逆に言うとそこで考えちゃうひとが多いので渋滞に拍車がかかるわけです。グリルコーナーの待ち時間で貴重な制限時間を消費してしまうのは効率が悪いので、そこで「待ちの一手」が有効ということになるわけです。はい、無理やり説得力を持たせようとしております。

ビーフ、エビ、イイダコ、各種野菜、ポーク、チキン、カンパチ、ピッツァなど。イイダコとチキンはあらかじめ風味付けしてありまして、イイダコはカレー風味、チキンはガーリック風味でした。一番おいしかったのは意外にもカンパチです。ピッツァはなんちゃってバジルのマルゲリータ。

IMG_20191031_140412.jpg
400℃の高温で香ばしく焼かれたビーフはやはり一番人気のようですが、大量供給されていましたのでガッツリいただけました。肉質はまあ標準的なホテルビュッフェレベルといったところ。

IMG_20191031_140251.jpg
ステーキソースはヘルシーなヒアルロン酸入り美肌ソースとガーリックオニオンで。普通のオニオンソースもありました。

IMG_20191031_143907.jpg
いただいたグリル料理は他にイカ、ウィンナー、厚切りベーコンなど。

IMG_20191031_143915.jpg
和食コーナーにおばんざいも8種類ほどありましたが、蛇姫様が煮物をちょっぴりいただいただけ。

IMG_20191031_141938.jpg
カレーもあったのですが普通な感じだったのでパスしまして、麺料理4連発で締めました。
まずはチーズで和えたパスタ。ソースは写真のトマトクリームの他に、オイルベースのラグー、魚介クリームがありました。ピクルスやドライトマトのトッピングが洒落てます。

IMG_20191031_141949.jpg
トッピングといえば、薄くフワフワに削られたチーズがかけ放題というのもポイント。

IMG_20191031_143803.jpg
鴨南蛮そばは実演です。トッピングの粒山椒をかけていただくのがおススメ。

IMG_20191031_142516.jpg
アジアンコーナーにも実演の麺がふたつありまして、まずは担々麺。具材とラー油はセルフ式でしたので、「つゆだく」ならぬ「ラーだく」で。

IMG_20191031_142532.jpg
もうひとつはトムヤムスープのフォー。こちらもセルフ式で、もちろん「パクだく」にしていただきました。

このあとデザートが控えているので、残り時間を考慮して料理はここで打ち止め。以下は未食の品ですが、これだけ食べてないものがあるとコスパ的にはどうなんだろって思ってしまいます。
野菜サラダ、野菜しゃぶしゃぶ、大根煮もの、もつ鍋、豆乳鍋、キムチ鍋、温玉トマト煮、サモサ、唐揚げ、チヂミ、チャーシュー、コーンピッツァ、中華スープ、肉まん、シンガポールビーフン、カレー、うどん、炊き込みご飯、細巻き、残りのおばんざい6種、食事パン数種など。

【デザート】
IMG_20191031_135449.jpg
アップルパイ、ラズベリーチョコ、マロンシフォン、ショートケーキ、ぶどうロールケーキなど。前回来た時よりパワーアップしている印象です。ショートケーキはパティシエさんが切り分けてくださいます。季節を感じさせるぶどうロールが秀逸でした。

IMG_20191031_144643.jpg
カボチャプリンとフルーツ各種。プリンは濃厚美味。

IMG_20191031_143819.jpg
ケーキとは別に、パンコーナーにもアップルパイがあったのでいただきました。備え付けのアップルジャムで「追いリンゴ」にして。

IMG_20191031_144556.jpg
白玉あんこ、わらび餅。

IMG_20191031_144628.jpg
浅草らしく和菓子はまだまだ。
水饅頭(紫芋)、金平糖、人形焼、雷おこしなど。

未食はシュークリーム、コーヒーゼリー、フルーツゼリー、フルーツカクテル、麩菓子、カップアイスなど。

【ドリンク】
コーヒー、紅茶、ウーロン茶、ハーブティー、ジュース、各種ミネラルウォーターなどをフリーで。

【店舗情報】
店名:武藏
住所:東京都台東区西浅草3-17-1
電話:03-3842-6341
URL: HP
定休日:無休
最寄駅:TX浅草、浅草、田原町
スポンサーサイト



| ホテル)上野・浅草・錦糸町 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT