ランチバイキング.a.go.go

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「園sono」のランチバイキング

★★★
IMG_20151001_131539.jpg
五反田にあるTOCビルのレストラン「園sono(ソノ)」のランチバイキングです。五反田唯一のバイキングレストランといってもいいメルチェリエがゆうぽーと閉館に伴って閉店してしまいましたが、それと入れ替わるかのように突如彗星のように現れたコスパ抜群のこのお店。旧ブログのとき、五反田にお勤めの読者の方からメールで教えていただいたお店に、念願かなって行ってまいりました。貴重な情報、ありがとうございました!




【料金】
1,200円(税込) ※訪問時の価格。HPでは平日1,000円、土日祝1,500円なので、正確な情報は店舗にご確認ください。



【アクセス&ロケーション】
最寄駅は東急線大崎広小路。五反田からはちょっと歩きますが、TOCの循環バスを使うという手もあります。ただし土日祝は運休とのこと。

IMG_20151001_141919.jpg
ここのコンセプトは「伊勢志摩郷土料理+創作中華」というかなりの変化球。期間限定のフェアではありません。「お魚は志摩・安乗から直送。お米は、三重県・伊勢神宮の奉納米を使用。お肉は本場三重県松坂より、鑑定書付きの松坂牛を使用」とのこと。なんかすごそう、としか申し上げられません(伊勢志摩は来年のサミット会場ということくらいしか知りません)。



【料理】
IMG_20151001_133151.jpg
まずは定番の野菜サラダ、アイテムは標準的です。

IMG_20151001_133214.jpg
小鉢の和食前菜が三種。切り干し大根、自家製豆腐、鶏肉梅餡添え。

IMG_20151001_133144.jpg
料理はいろいろ、バラエティに富んでいます。どのへんが「伊勢志摩」なのかはご判断願います。
カマスのムニエル、アジの南蛮漬け、サーモンカルパッチョ、エビチリ、ミート茄子グラタン、酢豚、鶏南蛮、ひじき入りとろろ焼き、天ぷら(鱚、南瓜)、野菜炒めなど。
いきなりカマスのムニエルとはビックリ。バイキングでカマスって初体験です。しかもクリームソース添えの純洋食仕立てでの提供とは恐れ入りました。中華は創作というより定番もの中心です。とろろ焼きはお好み焼きの変型といったところで、ふわふわ食感でおいしいです。

IMG_20151001_135359.jpg
根菜スープ。味噌汁もあります。

IMG_20151001_135347.jpg
おでん。ネタはもっとありますが、おでんで満腹になるわけにはまいりません。

IMG_20151001_135336.jpg
マーボー豆腐。こちらも定番もので。

IMG_20151001_133155.jpg
伊勢志摩の郷土料理で、名物の「てこね寿司」。「漬け」にした赤身魚と酢飯を合わせた漁師料理です。

IMG_20151001_134827.jpg
お茶漬けも「漬け」にしたお魚をトッピングしていただきます。

IMG_20151001_134835.jpg
松坂牛&奉納米カレー。こうなるともうコメントしようなし。

未食は茶碗蒸しとお蕎麦。

しかしまあこのご時世に、この価格でこれだけのものを出すお店って、久々に出会いました・・・おっとまだデザートがありました。

【デザート】
IMG_20151001_133201.jpg
杏仁豆腐、プリン。マンゴープリンやフルーツヨーグルトもあります(写真なし)。抹茶プリンもあって、こちらは未食。

IMG_20151001_134846.jpg
チーズケーキはホールサイズで店売りしているもので、激ウマです。

【ドリンク】
IMG_20151001_135848.jpg
コーヒー、紅茶、ジュース、ウーロン茶などをフリーで。
コーヒーマシンで泡立ちエスプレッソも飲めます。

【社会科見学】
IMG_20151001_144128.jpg
さらばゆうぽーと、さらぱメルチェリエ。※2015年9月閉館、閉店。

【店舗情報】
店名:園sono (ソノ)
住所:東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル13F
電話:050-5571-7852
URL: HP
定休日:月曜
最寄駅:大崎広小路

スポンサーサイト

| Mix)品川・五反田・目黒 | 13:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT